スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
恋愛小説バトン
blogのお友達の実咲さんの企画で始まった恋愛小説バトンです。

初めから読みたい方はこちら


前回のお話を読みたい方はこちらからどうぞ




26話のスタートです




 あれから2日後、実梨は水華と話す事にした。水華のお腹の中の赤ちゃんはまだ生きている。すぐに堕ろすことも出来るのに、まだ行動を起こしていないと言う事は、本当はまだ悩んでいるのかもしれないと思ったのだ。誰にも言わないなら、せめて私が話を聞こうと思ったのだ。
 水華の部屋をノックしたら「どうぞ。」という返事が返ってきた。実梨はいつもより重く感じられるそのドアを開けた。
 「座りなよ。」と水華がベッドをポンポンと軽く手で叩いた。実梨はそれに従う事にした。水華は普段通りだった。
 何をどう切り出そうかと思った瞬間、出た言葉は、
 「水華、後悔しないの?」だった。自分でも唐突に出た言葉に驚きはしたが、出てしまった言葉は引っ込める事は出来ないし、一番それを聞きたかったのだと思い、水華の返事を待つことにした。
 水華は暫く実梨を少し開いた目で見つめ、
 「……。しないわけないじゃない。」と小さな声で呟いた。
 そう呟くと今まで抑えていた感情を全て洗い流すかのようにわっと泣き出した。 実梨が知っている水華は、凛としていていつもしっかりしている頼れる存在だった。勿論、今もそれは変わらないが、水華が声を出して泣いたのを見たのは、本当に久しぶりだった。さっきまで冷静だった水華からは想像できない姿だ。
 「でも、もう決めた事なのよ。産む、産まないは私が選択する事だと思ってる。考えて決めた事なの。」
 実梨は黙ってしまった。確かに、子供を産む、産まないは女性が選択する事だと思う。でもそれは自分の家族に当てはまるのだろうか。子供が出来て後悔して堕ろしちゃうなんて、草薙君とはそんな気持ちで付き合っていたのだろうか。何で今になって泣くのか。実梨の頭の中は自分への問いかけでいっぱいになった。
沈黙を破るように水華が話し出した。
 「ねぇ、実梨。この子さ、女の子だと思う?」
 「えっ?」実梨は驚いた顔で姉の方を向いた。
 「女の子だったらさぁ、やっぱり私と同じようなタイプの人を好きになるのかなぁ。人を好きになって、幸せな気分になったり、ケンカしたり、色々経験するのかなぁ。」
 実梨はなんて答えたらよいのか分からず、姉の言葉を聞くことにした。水華は小さな声で語りだした。
 「さっきは『決めた事なの』なんて強がっちゃったけれどね、本当は怖いんだ。お母さんと話した時にね、『子供ができて困るような人と付き合う子だったの。』って言われたよ。お母さんってさ、何があっても子供は守るって人だから、自分の子供が中絶するなんて考えられないんだろうね。お母さんは産むならできるだけの協力はする、って言ってくれた。私、自分の立場を考えると産むのは難しいけれど、本当はね、本当は…、この子を殺したくないんだ。」
 お腹を愛しそうに撫でながら、水華はまた一筋の涙を流した。
 「じゃあ、産みなよ。水華らしくないよ、グジグジ悩んでるのなんて。水華の子なんだよ。水華が決めれば良いじゃない。私、生まれてこないほうが良かったって思う時も沢山あるけれど、嬉しい事があればそんな事、忘れちゃうもん。」
 実梨の心の引っ掛かりがスッと取れたような気がした。
 「自分の意思を通してみようよ。頑張ってもやっぱりダメだった時に考えれば良いじゃない。私、応援するよ。」
 実梨は水華に微笑んだ。
 「実梨…。」
 水華は顔を覆って泣き出した。
 幸希、早く帰ってきて。実梨は切にそう思った。けれど、実梨の心の中には『助けて』という文字は消えていた。私が水華の一番の味方になるんだ、という気持ちで姉を抱きしめた。

 幸希はとある駅の改札を出たところだった。


Unknown (ハルヒ) 2005-09-09 23:45:45

なんだかどんどんすごい展開になってますね

実咲からひよこさんがお持ち帰りしてくれたと聞いて
すごいなと思いました。

続きが気になる終わり方ですねぇ。
これからどうなってしまうのでしょう?
幸希はどこに行ったんでしょう?

バトンの行き先、決まってなかったら…
ハルヒががんばってみよかな?










Unknown (うっきぃ) 2005-09-09 23:53:54

うぉぉぉ
ど・ど・ど・どうなっていくのかなぁ
ワクワクq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pドキドキ
・・・自分が書いてからそんなに話すすんでないのに、すごい展開!!!






ハルヒさんへ (ひよこ) 2005-09-10 22:42:42

終わり方が「え~~~?!」って感じだったので難しかったですが、ひよこのお友達の経験やひよこの「子供ができる」って事に関しての考えを書いてみました。

幸希は自分の気持ちを見つめられる場所に行ったんでしょうか
ひよこも分からないです
買いといてゴメンナサイ


バトン、受け取ってくれるんですか
よろしくお願いします!!






うっきぃさんへ (ひよこ) 2005-09-10 22:44:02

本当に、どうなってしまうんでしょう
水華は子供を産む事ができるんでしょうか

楽しみです~~


スポンサーサイト
【2005/09/06 14:48 】 | 企画もの | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<livedoor | ホーム | 日記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohyore.blog26.fc2.com/tb.php/7-7aaf6e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。