スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
悲しい数
今日は大学病院に行ってきた。
その時に感じた事を書きたいと思う。

全然明るい話題ではないです。
ごめんなさい。
面白い事もあったのですが、それはまた今度。



最近、大きな自然災害が相次ぐ。
インド洋の津波、カトリーナ、パキスタンの地震。。。
他にも沢山の自然災害がある。
ひよこが住んでいる東京で一番怖いのは地震だろうか。

大量殺戮(使い方、間違えてる?)の恐ろしいところは、人の死が数で括られてしまうところだと思っている。
ひとり、一人の死がないような気持ちになる。(ひよこだけ?)


病院にいる時、「今地震が起こったら…」と、思ったのだ。
ひよこが待っている待合室の椅子という椅子が揺れ、転がり、車椅子の人は壁にぶつかり、オペ中の人は一時中断するだろう。
そして、何百、何千という人たちが運び込まれ、待合室は治療を行う場所と変化するのだ。

怪我人の状態を表すテープがある。阪神大震災を教訓にしたと聞いた。あの恐ろしい電車の事故(自然災害ではないけれど)の時も役立ったそうだ。

ひとり、一人の死が、ただの数であるほど絶望的なものはあるかな。

例えば、病院で一人の人が亡くなったとする。家族や恋人、その人に関係する人はとても悲しむ。
その人は、亡くなった一人として認められ、家族に見送ってもらうことができる。
家族がいない人でも(それだけで悲しいことだけれど)、病院内なら死亡の確認はされるのだ。
突然の事故死も悲しいけれど、数でくくられることは少ない。


しかし、ジェノサイドは、『死者何千、何万人』とくくられるのだ。
それって、絶望そのものなんじゃないのかな。

助かった人の『心の叫び』は、その中の何万分の一のなのだ。
家族の中で一人だけ生き残ったら…。
家族が生きている事も何も分からないまま、無事を祈って死んでいく人もいるだろう。
想像できないよ、その気持ち。



9・11事件やテロ、人が起こした悲しい事件も沢山ある。
人の死を数で語るのは本当に悲しい。
自然災害でこれ以上、人の死を語るのはもう嫌だ。
仕方ないけれど、とても悲しい気持ちになる。
そして人が起こすテロは許すことができない。




病院の中でそんな事を考えていた。
地震が来たらこの病院はどうなるの。
そう思った。
テロが起きたら?

憲法の問題とか色々考えていたら頭が疲れた。


2時間半も待たされたから色々考えられた。
面白い事もあったんだけれどね。

難しい事を考えることが少ないひよこ、何を言いたいんだか分からない日記でごめんなさい。

馬鹿なんです。
スポンサーサイト
【2005/10/13 23:50 】 | 日記 | コメント(12) | page top↑
<<今日は | ホーム | 気分転換>>
コメント
こんばんわひよこさん。
そういえば東京で地震があった場合の救急病院の姿を描いたドラマがありましたね。
『救命救急24』だったでしょうか?
正直、災害起きた直後から、増え続ける死傷者(怪我による死、被害状況の確認等の理由)の数を見るたびにやすせなくなりますよ。

人は自然災害に立ち向かうために、川に堤防をつくったり、耐震建築物を造るのに、一方的に殺し合うテロを起こすのでしょうか?それぞれの主張があるとは思いますが、私は全く理解できませんし、理解したくもありません。
せめて、知るというところ止まりでしょう
【2005/10/14 02:12】 | URL | ウーサン #-[ 編集] | page top↑
ひよこさんの気持ちは大切なことだとachoも思います
世界中どこで暮らしていても、いつ誰があうかもしれない自然災害や命が危なくなるような事件。 時々自分の当たり前の環境に感謝して、困っている人の助けになれるようにと少しでも心を動かせたら、もっと住みよい地球になるi-265と思います

悲しくなることもあると思いますがそう考える時間も必要ですねi-228

【2005/10/14 04:20】 | URL | acho #-[ 編集] | page top↑
ひよこさん、こんばんは。ってかおはようございます。
ひよこさんの今日のエントリーのこと、以前、ぼくも似たような気持ちで書きました。でも、ひよこさんのエントリーの方がまとまってて、自分の漠然とした不安みたいなのがようやく言葉という形になったみたいです。
ありがとうございました。

それから今日は、チャットお疲れ様でした。これからもよろしくお願いします。
【2005/10/14 05:08】 | URL | むぎまろ #8g7ZE2Jk[ 編集] | page top↑
チャットおつかれさまでした

死については あまりにも深く奥の見えない
問題なのであまり考えないようにしています
死を悼む人に何万人亡くなったといっても
無意味ですしそれは個々の死でも変わらない
と思います
ただ 残された人のココロという面ではどうしても違いが出てしまいますね
やり場のない怒り 悲しみ。ケアを受けること
ができない状態。伝染する不安。
なんか悲しいですね
【2005/10/14 13:13】 | URL | 箱 #-[ 編集] | page top↑
初めてコメントします☆
チャット、お疲れ様でした。
覚えてますか?
一緒に菊ちゃんを…した成葉です★

大きな病院って、待ち時間長いからつまんないですよね~。
病院ってだけてマイナス思考になって…。
いろいろ考えてしまいますね。
私は待合室にいる人を観察して、
あの人はどんな用事で来てるのかな~?なんて考えたり、
あの人面白いな~って見てたりします。
自然災害は本当、何があるか分からないので怖いですよね…。
【2005/10/14 13:56】 | URL | 成葉 #-[ 編集] | page top↑
そうですね。コレ僕もよく思うんですよ。
ニュースとかで漠然と数だけ言われても、その死んでしまったひとたちにも僕と同じように家族とか友達とか大切な人がいて・・。いろんな過去があって、そして未来は無くなってしまってるんですよね。
そうゆうところも考えないといけませんね。
【2005/10/14 20:50】 | URL | 菊 #-[ 編集] | page top↑
ウーサンへ

本当にやるせない気持ちになりますね。
気持ちのやり場をどこにもって行けば良いのか困ります。
ニュースで見ている、聞いているうちは「数」としての実感が強いですが、自分の大切な人が巻き込まれたら「数」でくくられる様な事件じゃないなって思います。
そのテレビは見ていました。
ひよこはほとんどテレビを見ないのですが、あれは見入ってしまいました。
テロがまた起きましたね。
いつになったらいらない悲しみを終わらせられるのでしょう。
【2005/10/14 22:18】 | URL | ひよこ #-[ 編集] | page top↑
achoさんへ

achoさんはアメリカに暮らしていて、日本との違いを毎日感じていらっしゃいますから、視点がひよことは違うだろうなって思いました。
以前の雨の写真には本当にビックリしました。
今年、日本でも大きな台風が上陸し、ひよこのお友達のお家も被害に遭いました。
「当たり前」の環境に感謝して、毎日を過ごせたら良いなって思います。
その気持ちを常に持つことは難しいですが、何かの時には考え、思い出せるようにしたいと思います。
【2005/10/14 22:22】 | URL | ひよこ #-[ 編集] | page top↑
むぎまろさんへ

昨日はどうもありがとうございました(^人^)感謝♪
楽しかったです。
毎日、このような事を考えていたら悲しい気分になってしまいますが、何かの拍子に当たり前の幸せについて考える事は大切だな、って思いました。
勝手にお気に入りリンクに追加してしまいました。
パソコンのお気に入りフォルダには前から入っていたのですが、お話できたので調子に乗ってしまいました。
事後報告で申し訳ありません。
【2005/10/14 22:25】 | URL | ひよこ #-[ 編集] | page top↑
箱助先生へ

昨日はどうもありがとうございました。
死について考える事は難しいし、漠然としてしまいます。
殺戮と死は大きな差があるとひよこは感じています。
箱助さんのコメントにとても共感しました。
心が違ってくると思うんです。
悲しくなります。
【2005/10/14 22:29】 | URL | ひよこ #-[ 編集] | page top↑
菊さんへ

菊さんはこれからアメリカに行って、多くの人の考え方に触れるんですね。
未来がなくなるって考えて生活はしていないし、本当に怖いなって思います。

ところで、傷口は平気ですか?
浮気はダメですよ!!!
【2005/10/14 22:34】 | URL | ひよこ #-[ 編集] | page top↑
成葉さんへ

なぜかコメントがひとつだけ消えていました。
ごめんなさい。忘れたわけじゃないのに、本当にショックです。
嫌な思いをさせてしまっていたら申し訳ないです。


菊さんは傷口を見るたびに浮気をできなくなるといいのですが。。。
発覚したら次の共同作業を一緒に考えてくださいね!
【2005/10/16 00:56】 | URL | ひよこ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。