スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
栃木小旅行2
土曜日は朝から曇りだった。この前の宇都宮も曇り。前日にはしゃいだから二人ともなかなか目が覚めなくて、ひよこは瞼が重たかった。


朝食は前の日にコンビニで買っておいた。冷蔵庫に何もなくて買出しに行く時間もなかった。買っておいて良かった。オニーチャンはご飯を食べたらまた寝てしまった。ひよこはオニーチャンから借りたのだめの最新刊を読んでいた。それを読み終わったら本を読んだ。かなりお疲れのようでオニーチャンは爆睡だった。ひよこはお風呂に入ったりして、のんびりさせてもらった。本当は遊園地に行きたかったのだけれど、オニーチャンを起こすのも可哀想かなって思ったのでそのままのんびりと過ごしてしまった。


オニーチャンが起きて「どうする?」と言うので、東照宮に行きたいと伝えた。それか那須に行きたいと思っていた。遊園地は着いてもそんなに長い時間遊べないのでまた今度になった。那須の牧場でおいしい牛乳を飲もうと言うことになり、那須に向かった。


栃木は去年の夏にも訪れている。その時に通った道をまた通った。去年の夏という感じがしないのだ。もっともっと前の様な感じもするし、今年の夏のような気もする。オニーチャンが運転する車に乗って思い出の道を通っている。その時運転席から見た道を今回は助手席で見る事ができた。当たり前なのかもしれないけれど、運転しながらと助手席からでは見え方が違う。季節が違うって言うのもあるのかもしれない。CDを流して一緒に歌ってオニーチャンとドライブ。牧場に行く予定だったのに、オニーチャンは山に向かっていた。「牧場には下りに行こうよ。」と過ぎてから言い出した。まぁ、いいか、と思ったしドライブも楽しかったので従った。


景色が徐々に変わっていく。窓を開けて気持ち良い風を受けた。少し冷たくて、日差しで熱いと感じる肌に心地よい。


「どこまで行くんだろう?」と思った。回りの緑が赤くなってきたからだ。オニーチャンが「上まで行ってみようよ。」と言った。温泉の香りがした。帰りに温泉に入ることになり、まだまだ続く山道を登っていった。いつものことだけれども、本当に無計画だ。それが楽しくて一緒にいるのかもしれない。ゆずのアルバムを聴きながらどんどんと狭くなっていく山道を話しながら、景色を見ながら、見つけた物に突っ込みを入れながら上へ向かった。 最初の頃は何でこんなに帰りの車が多いのか分からなかった。駐車場に入りきらない車は狭い山道に路駐している。狭い山道なのでとても危険だった。紅葉を見るために沢山の人が訪れていることを認識した。紅葉を見に行った訳ではなかったので、私たちはサプライズプレゼントを貰ったように喜んだ。綺麗なものを一緒に綺麗だねって話せることは幸せなことだと感じた。オニーチャンもそう言っていた。本当に、ここにいつものメンバーがいればいいのに、と思った。


かなり上まで登ったと思う。空いている駐車場を見つけたからそこに車を入れた。外に出て思いっきり空気を吸って伸びをした。ひんやりした空気を感じた。山々に囲まれて、快晴の秋空を見上げた。吐く息が白かった。山に来る予定ではなかったので二人とも薄着だ。「寒い!」と言いながら紅葉の写真を撮った。Blogの写真も撮った。更に歩いて登った所にあるお店でおやつにすることにした。といっても寒いのでお蕎麦になったのだが。
よもぎのお饅頭も食べた。とても美味しかった。


夕方が近づいてきたため帰る事にした。途中で見つけた露天風呂に決めた。紅葉を見ながら露天風呂に入った。空気が美味しくて景色も綺麗だったのでついつい長湯になった。露天で一緒になった人とお話をした。東京から電車で来た、と言ったら彼に会いに来たのかと聞かれた。お友達に会いに来た、と言ったら「素敵な場所に住んでいるお友達がいて良いですね。」と言われた。本当にそうだなって思った。慣れない電車に乗って良かったな、と思えた。ほかの人から見たら彼に見えるのか、と思った。


お風呂から出たらオニーチャンがタバコを吸って待っていた。かなりのヘビースモーカーだ。牧場には間に合わないと思うけれど、一応行ってみようということになり車に乗り込んだ。


山を下る時に、雲に夕焼けが反射してとても綺麗だった。赤いカーテンのようで、下の街の景色が隠れた。二人とも感動した。


気がついたら真っ暗になっていて、牧場が閉まる時間の数分前だった。見覚えのある風景になった。閉店間際に売店に入る。お目当ての牛乳とヨーグルトを買った。帰り道にもう一つ牧場に寄った。そこはとても大きい牧場で、レストランや温泉やとにかく色々なものがあるとの事だった。土曜日はレストランだけだったので、また今度行けたらいいなと思う。ご飯もパンとても美味しく、二人とも大満足だった。デザートのケーキも美味しかった。オニーチャンはチョコが嫌いだから、チョコのソースを丁寧に除けて食べていた。


帰りにコンビニによってから揚げとお酒を買った。お家でそれを食べてお風呂に入った。グダグダして過ごす時間は結構好きだ。オンとオフをしっかり付ける事がひよこの信念なのだ。



楽しかった一日はすぐに過ぎてしまった。
スポンサーサイト
【2006/10/16 16:10 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<栃木小旅行3 | ホーム | 栃木県小旅行1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ohyore.blog26.fc2.com/tb.php/265-cf393c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。